2・SEO対策の基本・順位期間と分類・必須ツール【超初心者用】



サイトの順位が安定するまで1年ほどの期間が必要です、SEOは大きく分けて2種類があります。

ビジネス向けのSEOにはオンラインビジネス向けの大規模なSEOとリアルビジネス向けの小規模なSEOがあります。

難易度はオンラインビジネスの方が高くリアルビジネスの方が低い傾向にあります、リアルビジネスではそれなりのアクセスがあれば集客に結びつきます。

SEO対策にはGoogle Search Console(サーチ・コンソール) とGooleアナリティクスやキーワードを選定する各種キーワード抽出ツールと検索ボリュームを調べるツールは必須になります。


超初心者のSEO対策の関連ページです。知りたい情報のページに行くことができます。1番~6番までです。

1・超初心者のSEO対策の基本、検索エンジン最適化とは? 3・SEO対策のキーワード選定とサイト設計【超初心者の基本】 4・SEO対策の内部対策とリサーチ方法の基本【超初心者用】 5・SEO対策キーワードから骨組みとタイトルを考える【超初心者用】 6・リード文と本文を書く・SEO対策の基本【超初心者用】

SEO対策の基本・順位期間と分類・必須ツール

サイト順位の決まる期間

検索エンジンでは1~3か月かけてページの持つ順位が確定する傾向にあります。

キーワードの難易度、競合の多さや強さが低ければ1か月ほどで上位表示されるときもありますが、難易度が高ければ3か月程度もしくはそれ以上の時間がかかります。

変動する数値の指標としてクリック率、ページ滞在時間、直帰率です。

クリック率は検索結果に表示された回数のうちクリックされた確率が高い方がよくなります。

ページ滞在時間は訪問者がページに滞在している時間が長い方がよいです。

直帰率はページのサイト内から訪問者が他ページへ移動、検索画面へと戻ってしまう確率になりますので低い方がよくなります。

ページ内容が古くなると順位が下がる場合があり、これを内容の陳腐化といい、検索エンジンのアルゴリズム変動によって順位の変動が起こる場合があります。

競合のひしめく難易度の高いキーワードの場合ぺージ単体だけでなくサイト全体のドメインパワーが必要になるので単体ページが良くても高い順位で表示されない事もあります。

そのため一概に順位が上がるのに、どのくらいの時間を要するかは解らないため、そのサイト全体のドメインパワーを含んだページの評価は1~3か月は時間がかかると考えてください。


ビジネス目的のSEOの分類

大きく分けてリアルビジネス用のSEOとオンラインビジネス用のSEOがあります。

リアルビジネスのほうが難易度は低く、オンライン、バーチャルビジネスのほうが難易度は高くなります。

小規模なリアルビジネスは月間2000~3000PVページビュー程度で十分な集客が行える場合があるのに対して、オンライン・バーチャルビジネスでは数万~十数万のPVが必要になります。

アフィリエイトを中心としたオンラインビジネスのSEOは難易度が年々上がっています。SEOで集めた訪問者をサイト内で制約に結び付けなければいけないという事も含めて難易度は高いものになります。


必須ツール

Google Search Console (サーチ・コンソール)

インデックス登録をGoogleのボットに促したり、サイト構造を伝えるためにサイトマップを送信したり、サイトがどのような検索キーワードで検索されて何位に表示されているかを知る事が出来るツールが、Gooleが提供するサーチ・コンソールです。

Googleのアカウントがあれば使用できる無料ツールになります。


Google アナリティクス

検索エンジンはサイトの内容のチェックだけではなく、ページごとの離脱率や直帰率、滞在時間などサイト内での訪問者の動きを観察して、サイトの評価を行っていると言われています。

そのサイトデータの確認を行うことができる、ブラウザ上で利用可能なGoogleが提供している解析ソフトがアナリティスクです。


キーワード選定に必須な各種ツール

キーワードを抽出して記事を書いた時に、アクセス流入が望めるかをリサーチするためのツールです。


goodkeyword.net

メインとなるキーワードを入力いろいろなキーワードを一括でチェックできる便利なキーワードツールです。


related-kewords.com

キーワードを入力してキーワードを一括チック出来るツールです。


aramakijake.jp

キーワードの検索ボリューム、検索数をチェックできる無料のツールです。予測数値ですが非常にシンプルで使いやすくできています。


まとめ

サイトの順位が安定するまで1年ほどの期間が必要です。

ビジネス向けのSEOにはオンラインビジネス向けの大規模なSEOとリアルビジネス向けの小規模なSEOがあります、難易度はオンラインビジネスの方が高くリアルビジネスの方が低いけいこうにあります。

リアルビジネスではそれなりのアクセスがあれば集客に結びつきます。

SEO対策にはGoogle Search Console(サーチ・コンソール) とGooleアナリティクスやキーワードを選定する各種キーワード抽出ツールと検索ボリュームを調べるツールは必須になります。


参考文献、滝口健太郎『「SEO対策」超入門2020』Amazon Services International, Inc、2020年、松尾茂起『沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション』Mdn、2015年、染谷昌利『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』インプレス、2013年