Photoshopレイヤーとは・レイヤーの種類【初心者用】



Photoshopの画像合成では、[レイヤー]機能の理解が大切です。

[レイヤー]とは何でしょうか?

レイヤーとは、1つの画像を構成する複数の別々な階層が、それぞれ「透明なシートのようなもの」になっている、その1つの階層のことをレイヤーと呼びます。

photoshopでは何枚ものレイヤーを重ねていくことで、ひとつの画像のイメージを構成します。

その為、画像を合成編集するには、レイヤーの操作がとても重要になります。


Photoshopレイヤー関連の記事


Photoshopレイヤーとは・レイヤーの種類


レイヤーの管理や操作などは、[レイヤー]パネルで行うのです。

メニューバーから[ウィンドウ]-[レイヤー]で[レイヤー]パネルを表示します。

画像のレイヤー構成は、[レイヤー]パネルの上方にいくほど画像の前面に見え、下方にいくほど画像の奥の重なり順になります。

そのため[レイヤー]パネルを見ることで、画像の状態をすぐに確認できるようになっているのです。

左端の目のアイコンをクリックすることで、レイヤーの表示・非表示を切り替えることができます。またレイヤーを選択した後に[不透明度]を変更すると、その画像を透過させることができます。

[背景]レイヤー

ファイルの最下部にあるレイヤー、移動や不透明度の変更などできない特殊なレイヤーです。

塗りつぶしレイヤー

画面全体を塗りつぶすためのレイヤー、[べた塗り][グラデーション][パターン]の3種類があります。

通常のレイヤー

[レイヤー]パネルの[新規レイヤー作成]ボタンをクリックや画像の一部をコピー&ペーストすると作成されるレイヤーです。

調整レイヤー

いろいろな色調補正を実行するレイヤーの総称、16種類の調整レイヤーの組み合わせができます。元画像を変更しない為、削除することで元の画像の状態へ戻す頃ができるのです。

シェイプレイヤー

[シェイプ]ツールや[ペン]ツールを使用してシェイプ(図形)を描画すると自動的に作成されるレイヤーです。

テキストレイヤー

[文字]ツールをつかってテキストを入力すると作成されるレイヤーです。

まとめ

レイヤーとは、1つの画像を構成する複数の別々な階層が、それぞれ「透明なシートのようなもの」になっている、その1つの階層のことをレイヤーと呼びます。

photoshopでは何枚ものレイヤーを重ねていくことで、ひとつの画像のイメージを構成します。

レイヤーの種類には、背景レイヤー、塗りつぶしレイヤー、通常のレイヤー、調整レイヤー、シェイプレイヤー、テキストレイヤーの6種類があるのです。

画像を合成編集するには、レイヤーの操作がとても重要になるため、6種類のレイヤーの役割を覚えておきます。


Amazon購入ページ 参考文献

まきのゆみ『Photoshopしっかり入門 増補改訂 第2版【CC完全対応】[Mac&Windows対応]SBクリエイティブ2018年

BABOアートワークス 『速効!図解 Photoshop CS6/CS5対応 Windows版 』マイナビ出版 2012年

高橋としゆき、吉岡豊、高島一成、マルミヤン『やさしいレッスンで学ぶきちんと身につくPhotoshopの教本』 エムディーエヌコーポレーション2017年